ゆみな~ぶろ

もうすぐ子育て終わろうとしている50代アルバイト主婦。女と人生を諦めないをモットーに自分模索中。酒好きなのでお酒の事も書くと思う

「認知的予備力」を蓄えてボケを遅らせる体を作ろう!!私が数学をやっている理由はアルツハイマーの予防が目的だった

sponsored link

f:id:sayu2008:20170324123755g:plain

 

アルツハイマーのことを調べていたら、凄いことを知りました。

「認知的予備力=コグニティブ・リザーブ」の存在です。よく頭を使っている人ほどボケないと昔から言われていますが、この力を高めることによって、ボケを遅らせることが出来るとしたら素晴らしい事です!

 

  • 「認知的予備力」とは何か?
  • 両親ともにボケた
  • 脳の健康に役立つ生活習慣とは

 

「認知的予備力」とは何か?

UCLAのスモール博士は、ある男性患者のことをよく覚えている。
その男性は、70代前半の数学者で、記憶力テストやIQテストを受けると、成績は抜群。しかし、脳を検査してみると、進行したアルツハイマー病だったのだ。
「普通、この程度のアルツハイマー病の患者は、会話もうまくできません。しかし、この男性は未だに難しい数学の問題を解くことができます。でも、この男性だけが特例なのではありません。
実は、記憶力に大きな問題のない人の最大20%にアルツハイマー病が認められます」というのは、コロンビア大学のスターン博士(神経心理学)だ。

 

では、なぜ脳に重大な変化が起こりつつも、脳は機能し続けることができるのか?
多くの科学者がその理由としてあげるのは、「認知的予備力=コグニティブ・リザーブ」である。
これは、生まれながらの能力と、問題にたちむかうことで培った後天的な知力の蓄積である。
さまざまな経験をより多く積むことは、より多くの脳の神経細胞をより強固に結びつけ、病気や加齢により問題がある脳の部分をうまく避けることができるようになる。
つまり、脳は使えば使うほど、認知的予備力が大きくなり、さらに、加齢による能力の衰えに立ち向かう力が大きくなるのだ。

海外の雑誌から

認知症介護情報ネットワーク(DCnet)>認知症予防!あれこれ

 

両親ともにボケた

私の母親は、私が34に次男を産んだ時くらい(68歳位)からアルツハイマーを発症しました。
そこから、坂を転げ落ちるように病気は進行し、あっという間に記憶がなくなりました。若くして発症したので、進行が速かったように思えます。
母は、体も良く動かし、知的好奇心旺盛な方だったのですが、何故?そんなに早く発症したのかわかりません。
心筋梗塞で倒れたり、高血圧、父のタバコなどが原因だったのだと思います。

 

両親ともにホームに入りましたが、父は80代でアルツハイマーになったのですが
父はその年まで発症しなかったということです。
確かに父の方が、趣味が広範囲だった気がします。旅行が好きだったり、

ガラクタを拾ってきては修理してみたり、パソコンをやりはじめたり。

ボケ知らずだった父がボケたのは歳のせいもありますが、
ホームに入って単調な日々を暮らすようになったから、ボケたのでは?と考えたりもします。

 

脳の健康に役立つ生活習慣とは

 

脳の健康に役立つ生活習慣をまとめると、次のようになる。

歩く、話す。
ウォーキング仲間を作って、歩きながら語り合う。

新しいことを試してみる。
新しい食材を試したり、新しいクラブに入ったりすると、神経連絡が刺激される。

学ぶ。
勉強するなら徹底的に。外国語を習うなら、出来るだけ多くのクラスに参加する。

遊ぶ。
いろいろなパズルやゲームを選ぶ。ときには、時間を決めて挑戦する。

リラックスする。
瞑想、ヨガ、森林浴など。心がすっきりすると、記憶もすっきりする。

寝る。
眠いときは、脳が一日の記憶の整理をしているとき。夜更かしはやめる。

創造する。
絵を描いたり、日記や小説を書く。自分のホームページを作るのもよい。

人と付き合う。
社会に出て、新しい友達を作る。

正しく食べる。
果物、野菜、全粒粉、魚は脳への酸素の流れを良くする。

数字を見る。
血圧、体重、血糖値、コレステロールなどをチェックする。

海外の雑誌から

 

「学ぶ」「遊ぶ」について

私は数学が好きです。高校の時にろくに勉強していなかったのですが、最近数検を受け始めたらこれが結構はまり、解けない問題をああでもない、こうでもないと考えていると使っていない脳細胞を使っている感じがします。
仕事はアルバイトですのでルーチンワークです。いつも同じ脳細胞を使っています。
なので、普段は使っていない脳を使うと気持ちが良いのです。

また、数学をやる事によって、仕事にも影響が出たことがわかりました。
いつも計算をしていたので、数字を扱う仕事は勿論、その他の点でも効率が高まった気がしたのです。これにはびっくりしました。

私は、ゲームなどが苦手なので、数学はパズルのようで楽しいし、やればやるほど解けるようになってくるので、成果が実感し易かったのが魅力です。

語学も学ぶのは好きなので、これからも勉強したいと思いますが、二か国語を勉強するのがお勧めです。
取り合えず、英語とブラジルが好きなのでポルトガル語を勉強したいと思います。

www.mag2.com

  

「リラックス」「寝る」について

前はヨガをやっていましたが、今年もまたヨガはやりたいと思っています。瞑想という意味では昼寝でも十分だと思います。
お風呂にゆっくり入るのでも良いかも知れません。
その時だけは、スマホなど見ないでぼーっとすることが大事です。

 

「創造する」について

こうやってブログを書くのは、とても楽しいし、新しいことの発見にも繋がっていて、お勧めです。
また、創造するといえば、モノを作ったり、楽器を弾いたりなども良いと思います。

私は、飽きっぽいのもあり、毎週の習い事は出来ません。
ですが、月に一回とかですと出来ると気付き、来月こういうものに行ってこようと思っています。

www.street-academy.com

あと、サボっていたピアノやジャンべもそろそろ始めなくてはならないと思っていますが、
やらなくてはならないと思うものより、やりたいな~と思う事の方が義務感なしに脳にも良い気がしています。


その他習いたいなあ~と思っているのが今のところ次のものです

・草書体を習いたい
・WEBデザインを習いたい

 

「人と付き合う」について

婚活サロン以外にも、いつも頭の中でマッチングをしています。誰と誰を会わせようかと考えるだけでも結構色々頭を使います。

それと共に、以前から自分のオフ会では必ず新しい人を呼んでいます。
いつも同じメンバーと飲むのも楽しいですが、新しい人と出会う緊張感は大事だと思っています。

広く浅い付き合いでも良いのです。本当に友達なれるのなんて、人生で一握りの人ですから、
それよりも沢山のユニークな人と出会うことが今は大事な気がしています。