ゆみな~ぶろ

もうすぐ子育て終わろうとしている50代アルバイト主婦。女と人生を諦めないをモットーに自分模索中。酒好きなのでお酒の事も書くと思う

風邪予防にはヒートショックプロテインHSP入浴法が効果的!!ついでに美肌も手に入れよう

sponsored link

f:id:sayu2008:20160720151618j:plain

以前、世界一受けたい授業というTV番組で、伊藤要子先生のヒートショックプロテイン入浴法というのを知ってから、

ずっと週二回この入浴法を続けています。

 

先生のプロフィール

f:id:sayu2008:20160720145555j:plain伊藤要子(いとうようこ)

バンダナ先生(バンダナをまいているから)
緑色が好き。ダジャレが好き。
ジーンズが好き。でも、何より「HSP」が大好き。
30年以上前よりHSPの研究を始め、10年前より
「HSPを市民語に」とHSPの普及活動に力をいれている。

面白い先生だったので、騙されたと思ってやってみたのですが、効果は目に見えてありました!
先ず、喉がいたいなあ~と思った時、以前だったらそのまま悪化して病院へ行って抗生物質をもらい飲んでいたのですが、
その時、ヒートショックプロテイン入浴をすると喉の痛みが治って来ます。
去年は冬も一度も病院に行かずにすみました。

それに伴って、物凄く汗をかくのでお肌もツルツルになるのです!

え??夏にもそんなに熱いお風呂に入るの?
って方がいると思いますが、夏こそ冷房などで意外に体温が下がっています。
夏風邪はなかなか治らないので厄介ですが、暑さと冷房の寒さで免疫も下がっているのだと思います。

そういう時こそ、ヒートショックプロテイン入浴法がおすすめです!!

HSP(ヒートショックプロテイン)とは何か?

元気のないレタスを50℃のお湯で洗う(浸す)と、シャキッとしたレタスに戻る実験を見たことありませんか?
これは、まさしくHSPの仕業。熱ストレスにより、HSPが増加し酸化を防御。鮮度が甦ったということです。
HSPとは、さまざまなストレスから私たちの体を守ってくれる、ほとんどの生き物が備えている能力(たんぱく質)です。

私たちの細胞は水分を除けば、ほとんどがタンパク質で できています。
HSPは、ストレスにより細胞の中で増え、構造がおかしくなったタンパク質を修復して元気にしてくれる素晴らしい存在なのです。
そのHSPを自身で増やし、自己回復力を向上させることで、病気の予防や美肌へつなげ、健康に役立てることができるのです。
ちなみに、ストレスとは精神的ストレスだけではありません。熱ストレス、病原菌、紫外線などなど、私たちが心や体に受けるすべてのダメージのことをいいます。 

HSPとは?? - HSP研究者 伊藤要子のホームページです

 

HSP入浴法

1.バスタオルと着替えは、すぐ手の届くところに置く

2.浴槽のふたを開けたり、床や壁にシャワーをかけ浴室内を温める

3.手、足、体(心臓に遠いところから)に、かけ湯をする

4.浴槽には、足から手、体の順にゆっくりと浸かる

5.湯に浸かりながら舌下で体温を計る。38℃まで上がるのが理想。
  ※お湯の温度目安/42℃→入浴10分、41℃→15分、40℃→20分
  ※血行促進作用のある入浴剤を使用の場合は、40℃→15分

6.入浴後は「10分~15分」保温する

※HSP入浴法で一番大切なところが、最後の保温時間です。

体温を37℃以上に保つことで、体内のHSPが増えるので、体の水分はしっかりふき取り、
体が冷えないよう衣類を身に着け、冬は暖かい部屋で、夏は冷房をかけずに最低10分間、体を保温します。

水分補給には、冷たいドリンクを避け、常温、もしくは温かい飲み物で補います。冷たいドリンクは保温後に飲みましょう。

 

尚、入浴前にも必ず水分を取るようにしてください。私は、入浴時にもなかなか38度まで上がらないので、ドリンクを持って入浴しています。

あと、入浴途中で身体を洗っても構いません。ずっと湯船に浸かっているのは結構心臓に負担が掛かるので、
浴槽のへりに座って休んでも構いません。

次のような時におすすめ

  • 受験など、元気でいたい日の前々日にHSPをする
  • 入院など、手術の前にHSPをする

ここぞという前にHSPをやると免疫が上がるので良いと思います。
但し、週二回まで、毎日やると逆に効果が無くなります。身体が熱に慣れてしまいますので。

詳しくは伊藤先生のホームページをご覧くださいね(*'ω'*)

www.youko-itoh-hsp.com


シチズンシステムズ [CT4-22] 実測式防水体温計 CT422【5400円以上送料無料】